禁煙して離婚回避

安い銘柄を吸えば良いの?禁煙でコスト軽減!

マイルドセブンやキャビンなど、日本の煙草の銘柄、マールボロやラッキーストライクなどの外国の煙草の銘柄など、ブランドによって1箱の価格は変わってきます。

以前は1箱200円台だったものの、税金の影響で300円台、400円台まで引き上げられてしまいました。

タバコの自動販売機やコンビニのレジの裏に並べてあるのを見ると解りますが、数多くの銘柄があり味にも違いがあります。
従って「こっちのほうが○○円安いから、こっちを買うことにしよう」という感覚でタバコを選ぶことは難しいのではないでしょうか。

現在は、400円台という状況なのでファーストフードでの1食分と同じような価格設定です。ということは1日1箱の生活を続けている人は月で12000円以上のコストが発生しており、日々の昼食代にほぼ等しい金額をタバコで消費しているという事になります。

タバコは「一害あって一利なし」という様に健康に害を及ぼす危険性があり、身体に影響がるため、出来ることなら喫煙は控えたほうが良いというのが一般的な解釈であり、吸わないに越したことはないと言えます。
しかし、この消費コストの面から考えても喫煙は自身の(家庭の)掲載状況に大きく影響を及ぼしていると考えることが出来ます。

月にかかっているタバコのコストを年間で計算すると10万円を超えるという喫煙者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
銀行でお金をおろす機会が多いなと感じている喫煙者の方は是非禁煙をしてみてください。

タバコ1箱の金額で何が出来るか、週で、月で、年でいくら使っているのかを考えると、バカにできないコストであることが認識できるのではないでしょうか。
体のためにもお財布のためにも、タバコを吸わない生活に対してポジティブに向き合っていきましょう。